公正証書遺言と自筆証書遺言

2019年8月26日

もう8月も終わりを迎えますね。

みなさんお祭りとかスイカとか満喫しましたか?

今年初めて新潟まつりの盆踊りに参加しました、

日本リーガル司法書士法人のNです。

 

という私事はさておき、

 

早速始めましょう (❐_❐✧).

「Nの遺言手続き講座」第2回!

 

前回ちょこっと出てきた「公正証書遺言」。

 

公証人役場で遺言者が口頭で述べた内容を

公証人に制作してもらう遺言書のことで、

最後に遺言者本人が署名押印します。

 

費用が発生しますが、

公証人役場が保管してくれるので

紛失や偽造の心配もありません。

 

 

一方で「自筆証書遺言」は、

全部自筆という大変さはありますが、

遺言の存在を内密にしたり、

自分で簡単に作成することができます。

 

ただし、紛失したら終わりなので、

家庭裁判所に預けて、開封する際は

家庭裁判所の検認手続きが必要です

 

 

こうなると公正証書遺言が

メリットだらけに見えますが、

費用が発生し、証人が必要なのはちょっと大変。

 

そんななか、今年〜来年にかけての

法改正で変わる点として、自筆証書遺言は、

財産目録のリスト化OKだけではなく、

裁判所ではなく法務局で預かることになり、

「失くす心配」と「面倒な手続き」が緩和されたのです。

来年の7月からの開始予定です!

早く始まるといいですね!!!

 

 

(極端な例ですが)ドラマとかワイドショーとか見ていると

相続のトラブルって怖いですよね。。。

 

うちはまだおばあちゃん元気だし、と思いつつも

元気なうちにこういった手続きをしておくことが

大事なんだな、と学んでいます。